吉成建築

お客様の声

“共有”を楽しむ二世帯住宅

お孫さんが生まれるのをきっかけに、二世帯住宅を建てたSさん一家。
完成見学会で吉成建築の家を見たことがきっかけでした。
「見学会は色々見て回りましたが、他の会社さんは決められたベースの形があるので、細かい変更などが難しいという印象でした。吉成建築さんはこだわりを細部まで実現してくれるとわかったので、お願いすることにしました。」

生活がつまった空間設計。

間取りにこだわったワンフロア空間。

玄関から入ってすぐにキッチンがあるので、買った食材などの荷物をそのまま置けるのも使いやすさのポイント。大きな食器棚は材質やガラスの質感など、細部まで要望が詰め込まれています。

仕事スペースにはおじいちゃんのこだわりが。
収納可能な仕切りを取り付け、リビングを見渡せます。実はこれ、吉成建築からの提案。仕事を家のリビングでやることが多かったおじいちゃんのために、リビングと書斎をつなげてリビング側からでも、寝室側からでも仕事ができるようにしました。また、仕切りを引き出せば、ひとつの部屋として使うことも。

こだわりPOINT

愛犬マシュのお留守番部屋も吉成建築お手製。
柵は開閉可能です。今ではお気に入りの場所に。

一段高くなっている畳スペースの活用方法は無限大。
普段は客間の他に、マシュとおじいちゃんがくつろぐ場所にも。
下には収納も完備。

とことんこだわった収納スペース。

室内を見渡すと洗面所の壁やキッチンの引き出しなど、工夫が詰まった収納スペースがたくさん。
「限られたスペースの中でいかに収納を作るかはかなり相談に乗ってもらいましたね。家をつくる途中の現場で、ここにも!ここにも!とたくさん要望を聞いてもらいました。建ててからも上のスペースがもったいないから物入れを作って欲しい、とか。」とおばあちゃん。 建てる途中や建てた後でも住む人の理想をとことん叶える。そうやって一緒に家づくりをしていくのが吉成建築のスタイルです。

家族を感じるワンフロア。

2階は1歳のお子さんをもつご夫婦の住まい。育ち盛りのお子さんがのびのびと遊べる子供部屋と、ご夫婦がゆったり過ごせるリビングが。
「二世帯住宅ということもあって階ごとのスペースが限られているのですが、リビングから全てつながっているので子どもがどこにいても声が聞こえるし、安心ですよ。朝もひとりで起きてきます。」と微笑む奥様。

子どもの「今」も「これから」も考えられた家づくり。

「子どもはまだ小さいんですけど、先のことも考えて、本当に理想的な子ども部屋を作ってもらいました。」と奥様。 のびのびと遊べる広い子ども部屋は、将来兄弟ができることも想定して、2つに間仕切れるような仕組みになっています。 さらに、ここには2つのロフトベットが。お子さんが大きくなるにつれて物が増えることを想定し、設計士の提案で収納付きのベットを作ったそう。「子どもが成長するところまで考えて色々提案して下さったので、先のイメージがつきやすかったです。」と旦那さんも嬉しそうでした。

こだわりPOINT

全ての部屋の壁紙で、それぞれ一面だけ壁紙の色を変えているのは奥様のこだわり。おしゃれな空間演出で、家具との相性もばっちり。

壁をコルクボードにするというのも吉成建築のアイディア。お子さんの保育園のお便りや工作などを飾れます。

食卓もリビングも見渡せるキッチン。
収納場所もたっぷり。

2世帯をつなぐ共有スペース。

家族をつなぐ温もりの家

どこか北欧の雰囲気を感じさせるたたずまい。
白い外観に木のあたたかさを取り入れたデザイン。
完成見学会で吉成建築を見つけたご家族。デザインセンスの良さと間取りの提案内容が決め手だったとのこと。
「吉成建築の設計士さんはとても相談しやすくて。私たちがイメージを最初にお伝えしたら、それに対するさらに素敵な提案をもらえたんですよ。遊びに来る友達が皆『素敵な家だね!』と言ってくれるのが嬉しくて。私たちのセンスだけではできなかった家です。」と話す奥様。

夏は涼しく、冬は暖かい。住み心地にこだわったおうち。

こだわりは住み心地の良さ。
SW工法で夏の暑さと冬の寒さを軽減させるのはもちろん、そこに加えて更にポイントが。
壁全面が漆喰でできた室内は、新築特有のにおいが苦手だった奥様も大満足。すんなり気持ちよく過ごせているのだそう。夏も涼しく、居心地の良い室内環境が実現しています。
また、家の真ん中には薪ストーブが。「暖かさが全然違います!これを経験しちゃうとヒーターやエアコンでは物足りなくなりますよ。冬は薪ストーブ一台だけで家全体が暖かいです。」と奥様。吹き抜けになっているため、2階にも暖かさが伝わります。子ども部屋には小さな回転小窓を設置し、部屋にいても1階からの暖気が届くような工夫を。

こだわりPOINT

家族を見守るキッチンスペース。

奥様こだわりのキッチンスペースは、背面ではなく顔がリビングを向いて料理ができるので、家の中全体を見渡せるようになっています。
そして何といっても、広々としているのが特徴。
小学生の娘さんと一緒に料理をしたいという思いから、スペースを広めに作ったのだそう。一緒に料理をする娘さんも嬉しそうです。 たっぷり収納できるパントリーや食器棚も奥様のこだわりが詰まっています。

やわらかな光が差し込むひろびろ空間。

2階への吹き抜け、広々とした玄関と、廊下を挟まないリビング階段。空間を広く感じさせる工夫が随所に見られます。
「お部屋を広く使いたいというのがあったので、和室は単独で一部屋にするのではなく、リビングとつなげてもらいました。畳スペースは下の子の遊び場や寝るスペースにもなりますし、お客さんが来たときには客間としても活用できます。」と話す奥様。
また、この日の天気は曇りにもかかわらず、室内は電気をつけなくても明るい印象。自然光が差し込むように大きな窓を設置したり、暗くなりがちな和室部分には、ガラスブロックを採用したりしています。

こだわりPOINT

洗面所は上が窓になっていて、光が差し込む仕様。
脱衣所となる場所でもあるので広めに設計されています。

人がたくさん出入りする場所なので、広めにつくった玄関。裏側は和室になっていて、夜はガラスブロックを通し玄関からのやわらかな光が入ってきます。

家に合わせた収納家具は木のぬくもりがいっぱい。

リビングで目を引くのは木製の作り付けの棚。「いろんな雑誌を見て、こういう感じのが欲しいんです、と伝えたところ、それにぴったりのものを作っていただいて。キッチン前の棚も吉成建築さんの提案です。」と奥様。
引越しの際にあえて家具を買うのではなく、家に収納スペースを作ってもらいたいという奥様の要望に答え、大工さんが作ったんだそう。
先日も、下のお子さんが階段を上り始めてしまうということで、階段の上り口にベビーゲートをつけてもらったばかり。
「家が完成してからもまめに相談に乗ってくださって有難いです。アフターフォローが充実しているのは嬉しいですね。」と話す旦那様も大満足の様子でした。

PAGE TOP