トップページ > 吉成建築の強さの秘密

強さの秘密

強さの秘密

デザイン力+性能+安心を兼ね備えたyoshinari systemで、暮らしの質を上げる住宅をお届けします。

当社の住宅は次世代省エネルギーに対応!

税制優遇

スーパーウォール(SW)工法は、木造軸組工法をベースに高性能SWパネルを組み合わせた高気密・高断熱・高耐震の住宅です。硬質ウレタンフォームを採用し、無結露を35年保証します。

SWパネルラインナップ,壁パネル,小屋パネル

LIXIL「エコエア85」とは?
LIXIL「エコエア85」
全館循環換気をすることで部屋間の空気の温度差をなくし、快適な暮らしへ

外の空気を取り入れる際に、冷暖房した室内の空気から熱をもらうことで室内の空気に温度、湿度を近づけます。
たとえば、外が0度、室内が20度の場合、エコエア85使用で17度まで温めた新鮮な空気を取り入れることができ、
省エネで冷暖房光熱費の削減ができます。

夏すずしく、冬あたたかい

image

隙間の多い住宅ほど室内空気の流出入が大きくなります。冬場の室内で足元が冷たいのは、図のように流入した冷気が足元へ降りてきて、部屋の上下で大きな温度差が生じるためです。

SW工法住宅は高気密・高断熱で外気に影響されにくく、頭から足元まで均一な温度を保てます。そのため、一年中快適な室内空間が実現するのです。

エアコン設定温度と体感温度の差が少なく、夏も冬も快適

人が感じる体感温度は、床・壁・窓・天井など、まわりにある物の温度の影響を受けています。たとえば冬場、室温が23℃の場合でも、断熱性が低く、まわりの表面温度が低くなると、20.2℃の暖かさしか感じられないことがあります。この温度差約3℃はセーター一枚分の暖かさに相当し、ついエアコンの設定温度を上げてしまうことに。
しかし、スーパーウォールの家なら、体感温度は22.1℃とその差はわずか0.9℃。冬も夏も必要以上にエアコンの設定温度を上げ下げすることなく、心地よく過ごせます。

エアコン設定温度と体感温度の差

  • image
  • ■温度の試算条件

    建物規模:120.07m2(LD 21.5m2)/地域:東京
    住宅断熱仕様:一般住宅 S55省エネルギー基準適合レベル
    SW住宅 T100壁断熱パネル・T100小屋断熱パネル・基礎断熱100mm
    開口部仕様:一般住宅 アルミサッシ単板ガラス
    SW住宅 サーモスⅡ-H高断熱複層サッシ(ガス入り)

空気がキレイ,日常のありふれたものを「買う」選択をすることで健康を手に入れる

image

高気密にこだわるSW工法。隙間を極力抑え、外気とともに出入りするホコリや砂塵などを大幅にカットします。
また、計画された換気経路にもとづいて、ゆるやかな空気が流れ、室内空気のよどみを解消。室内の湿気上昇を抑制します。24時間、365日の換気システムでいつも空気のきれいな家に!

  • 近年は、PM2.5(微小粒子状物質)などによる大気汚染、カビ・ダニ、花粉といったアレルゲンの対策など、空気環境に注目が集まる中で、住まい全体の通風など、計画的な換気に目を向けることも必要です。室内の空気環境を清浄化することは、ご家族の健康のために重要なポイントです。
  • image

地震に強い

ジャンボジェット機にも用いられる変形しにくい一体化構造 モノコック構造

image

SW工法住宅は、壁面にSWパネル、床に28mm合板などを使用して強固な箱型を構成する高耐震のモノコック構造。
台風や地震などの外力が接合部などに集中しにくく建物全体に分散するため、ひずみやくるいに強さを発揮します。

技術の説明

image

災害時の事例

結露対策

image

気密性・断熱性を高めることで木材が腐るのを防ぎます。
水分を含んだ断熱材は性能低下だけではなく、周囲の木材を腐らせる原因にもなります。大切な住まいを性能そのままに、永く保つためには湿気は大敵!
SWパネル内の断熱材・発泡ポリウレタンは、水を通しにくい素材で、高い断熱性能を永く保てます。室内側からの水蒸気をガードはもちろん、室外からの湿気も通気層から掃き出し、躯体の乾燥状態を保って耐久性を高めます。
湿気に強い住宅で、ひとも家も健康な暮らしを。

SW工法は音漏れを防ぎ、プライバシーを守ります。

屋外からの騒音対策

image

室内は、車やご近所からの騒音など、睡眠や勉強などの妨げになる外部騒音も気にならない快適空間です。

屋外への音漏れ対策

楽器の演奏や映画鑑賞などで自らが大音量を出す場合にも、周囲を気にすることなく余暇時間を過ごせる快適な室内環境を実現します。

家族の安心を守った上で、自由設計

  • SWの詳しい説明はこちら
  • 標準仕様について